ネット選挙ドットコム
 ネット選挙ドットコム

注目の1位は中津市、【自治体別、「選挙」と「議会」の情報公開診断 vol.4】

業界動向
国政
地方自治体
ネットサービス
海外
その他
お勧め
ネット選挙の新着30件






























注目の1位は中津市、【自治体別、「選挙」と「議会」の情報公開診断 vol.4】

このエントリーをはてなブックマークに追加
議会事務局と選挙管理委員会を比較する
毎週恒例の自治体の議会事務局や選挙管理委員会の情報公開を調査する「自治体別、「選挙」と「議会」の情報公開診断」シリーズの第4弾。

今回の記事では、昨年の10月から12月の間に首長選挙が行われた廿日市市(広島県)中津市(大分県)桜井市(奈良県)宿毛市(高知県)南九州市(鹿児島県)の議会事務局と選挙管理委員会の取り組みを客観的に評価するためにチェックリストを用い得点をつけて比較する。

有権者にとって候補者に投票する上で必要な情報を議会事務局と選挙管理委員会は、どの程度公開しているのかを「情報に対するアクセスの容易さ」「議会の活動」「選挙の告知」「結果広報」「お金周り」などの項目を利用し計50点満点で評価した。



比較の結果は以下の通り
1位 中津市(約8万5千人)【大分県】29点
2位 廿日市市(約12万人)【広島県】26点
3位 南九州市(約4万人)【鹿児島県】24点
4位 桜井市(約6万人)【奈良県】23点
5位 宿毛市(約2万5千人)【高知県】18点

詳細データはこちら

自主調査



議長経費を唯一公開している中津市が1位
昨年の10月23日に中津市長選挙が行われ現職が再選を果たした中津市(大分県)が29点を獲得し1位となった。議会事務局においてお金周りの項目「議長経費」を唯一公開している点は、非常に高く評価できる。また、議会のネット中継を「生と録画」で唯一公開しているので、有権者は議会の活動を簡単に確認可能。

しかし、選挙管理委員会において全体的に得点が低く、特に「選挙日程」「過去の選挙との比較」を公開していない点は、有権者が選挙で投票する際の情報不足に繋がるので早急に改善する必要がある。



議決結果を唯一公開している廿日市市が2位
昨年の10月23日に廿日市市長選挙が行われ現職が再選を果たした廿日市(広島県)が26点を獲得し2位となった。議会事務局において個別の議員の「議決結果」(一部議員のみ)を公開している点は、他の自治体も参考にすべきである。さらに「個々の議員がどの議案に対して賛成あるいは反対をしているのか」という情報は、有権者が投票する際の有益な情報となり得る。

しかし、選挙管理委員会において1位の中津市と同様に得点が低く、特に「受け身で情報を受け取れる手段」がない点は、有権者への情報公開が不足していると感じる。メルマガやRSSなどの手段を用いて、有権者が簡単に情報を受け取れる手段を確保する必要がある。



素晴らしいオリジナルの取り組みを公開している南九州市が3位
昨年の12月11日に南九州市長選挙が行われ現職が再選を果たした南九州市(鹿児島県)が23点を獲得し3位となった。議会事務局が、議員名簿などのページにフェイスブックのソーシャルプラグインを設置している。日本でのユーザー数が1,000万人とされるフェイスブックへの連動は、今後日本国内で期待される「ネット選挙」に繋がる素晴らしい取り組みだと感じる。

しかし、選挙管理委員会において全体的に得点が低く、特に選挙に関する情報を手に入れる際に、市の公式サイトにある「選挙」という小さなバナーをクリックする必要(Google検索からの導線がない)があり、今後は有権者が選挙に関する情報を入手する際の「見つけやすさ」を考慮して,サイトの設計(情報の導線)を改善する必要がある。

*ソーシャルプラグインとは

http://kotobank.jp/word/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3 

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が、企業のサイトなどに設置できるように提供している機能、プログラムのこと。Facebookが提供する「いいね!」ボタン、「コメントボックス」、「送る」ボタンなどが具体例である。




サイト内検索を公開していない桜井市が4位
昨年の11月13日に桜井市長選挙が行われ新人が現職を破り初当選した桜井市(奈良県)が、23点を獲得し4位となった。議会事務局において、議会のウェブサイトに「サイト内検索」がないため、有権者が議会の情報をサイトで簡単に検索することができないので、早急に改善する必要がある。

また、選挙管理委員会において直近の選挙の「確定投票数」は公開されているものの、他の情報があまり公開されていない。選挙に関する情報は、有権者が投票する際に極めて大事になるので、積極的な情報公開をする必要がある。



過去の選挙との比較を公開している宿毛市が5位
昨年の11月27日に宿毛市長選挙が行われ新人が現職を破り初当選した宿毛市(高知県)が18点を獲得し5位となった。議会事務局において「議会の日程」が公開されていないため、有権者はいつどのような議会が開かれたのかを把握できない。早急に議会の日程を詳しく公開すべきである。

しかし、以下の【備考】の通り「宿毛市選挙管理委員会」という組織は存在するものの、宿毛市選挙管理委員会の公式サイトを検索することが出来なかったので,「宿毛市長選挙投開票結果」の情報を得るためには,高知県宿毛市公式サイトで検索しなければならず,有権者のためにも早急に「宿毛市選挙管理委員会」の公式サイトを作成する必要がある。

【備考】
高知県宿毛市選挙管理委員会のHPを確認するために「Google」で「宿毛市 選挙管理員会」というキーワードで「3ページ目まで」検索をした結果,「宿毛市選挙管理委員会運営規程」のみ検索することができました。従って本調査では,高知県宿毛市選挙管理委員会の公式サイトは「ない」という判断をいたしました。しかし,「高知県宿毛市公式サイト」にある「サイト内検索」で「宿毛市 選挙結果」というキーワードで検索したところ,「宿毛市長選挙投開票結果報告」というページを検索することができました。従って本調査では,上記のページを利用し評価をします。



調査を終えて一言
今回は、昨年の10月から12月に首長選挙が行われた地方自治体の議会事務局と選挙管理委員会を調査した。特に、議長経費を唯一公開している中津市と議決結果を唯一公開している廿日市市は、有権者への情報公開に優れていると云える。また、議員名簿などのページにフェイスブックのソーシャルプラグインを設置している南九州市の取り組みは、今後の「ネット選挙」に繋がる可能性が高いと感じる。

一方で、全体的に選挙管理委員会における情報公開が不足していると感じる。有権者が投票をする際に必要な情報を公開することも、選挙管理委員会の大きな役割なので各自治体は、早急に選挙に関する情報を公開することが望ましい。

原田康平

編集長の一言
今回の調査対象とはずれますが、先日、新潟県上越市の選挙管理委員会や議会事務局のHPを確認した時に感動してしまいました。今まで確認した100超の中ではモデルケースと言っても良いと思えるほどの出来です。是非一度ご覧下さいませ。

新潟県上越市
http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/gikai/

槙野秀俊

調査の基準について

この取り組みは、株式会社リファイドが,昨年の10月から12月の期間で行われた首長選挙や議員選挙を対象に、各地方自治体の議会事務局と選挙管理委員会を調査したものです。この調査の意図は,有権者が選挙で投票する際に必要な情報を各地方自治体がウェブサイトを通じて適切に公開しているかを評価するためのものです。また,この調査の方針は,各項目を客観的に評価するためにチェックリストを作成し、それを基準に株式会社リファイドが得点をつけています。さらに、ある用語を「Google」で検索した場合に「3ページ以内」にその検索結果が出ない場合は、その用語を「検索不可」とみなすこととします。これらについて不明点や疑問があれば、株式会社リファイドにお問い合わせください。


外部リンク


廿日市市議会
http://www.hatsukaichi-shigikai.jp/

廿日市市選挙管理委員会
http://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/senkyo_index.html#senkyo

中津市議会
http://www.city-nakatsu.jp/soshiki/gikaijimukyoku/

中津市選挙管理委員会事務局
http://www.city-nakatsu.jp/soshiki/senkyokanriiinkai/

桜井市議会
http://www.city.sakurai.nara.jp/gikai/index.html

桜井市選挙管理委員会
http://www.city.sakurai.nara.jp/senkyo/index.html

南九州市議会
http://www.city.minamikyushu.lg.jp/cgi-bin/index.cgi

宿毛市議会
http://www.city.sukumo.kochi.jp/gikai/

宿毛市選挙管理委員会
発見できず
Amazon.co.jp : 自主調査 に関連する商品
  • 【ドイツ】シュタインマイヤー氏が新大統領に(2月15日)
  • さいたま市の魅力をPR動画で発信!(10月31日)
  • 85%の個人投資家がクリントン氏の大統領就任を期待-マネックス証券調べ(10月26日)
  • オバマ大統領「泣き言をいうな」とトランプ氏に勧告(10月22日)
  • なりすましメール防止の「安心マーク」を地方自治体に導入(10月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    「選挙」と「議会」の情報公開診断シリーズ
    記事検索
    独自調査記事






    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    track feed ネット選挙ドットコム