ネット選挙ドットコム
 ネット選挙ドットコム

【腐敗認識指数2015】日本は18位に3ランクダウン 世界的に清潔度はアップ

業界動向
国政
地方自治体
ネットサービス
海外
その他
お勧め
ネット選挙の新着30件






























【腐敗認識指数2015】日本は18位に3ランクダウン 世界的に清潔度はアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界の3分の2が深刻な汚職問題を抱えている
世界各国の汚職実態を監視する非政府組織(NGO)である「トランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International)」は27日、世界168の国・地域の「腐敗認識指数2015」を発表した。

腐敗認識指数は、公共部門の汚職レベルを0(腐敗度が高い)から100(腐敗度が低い)までに指数化。その度合いを国際比較し、国別にランキングしたもの。報告書によると、168カ国中、68%の国や地域でいまだ指数50を下回り、深刻な汚職問題を抱えているという。

腐敗認識指数
デンマークは連続1位
日本は前年の15位(76)から18位(75)に順位を下げた。アジアのトップはシンガポールで8位(85)。その他、香港も日本と同じ18位(75)で台湾は30位(62)、韓国は37位(56)、中国は83位(37)だった。( )内は腐敗認識指数。

以下、上位5カ国の結果である。
1位 デンマーク(91)
2位 フィンランド(90)
3位 スウェーデン(89)
4位 ニュージーランド(88)
5位 オランダ/ノルウェー(87)
(「腐敗認識指数2015」より)

最下位は北朝鮮とソマリア
トランスペアレンシー・インターナショナルによると、2015年には世界的に清潔度がアップし、小さな進歩を見せているという。なかでも2012年以来、ギリシャとセネガル、英国は有意なスコアアップが見られる。

一方で、オーストラリアやブラジル、リビア、スペイン、トルコではスコアが悪化している。例えば、オーストラリアは日本より上の13位にランクされているが、2012年には85あった指数が2015年には79となっている。

腐敗が深刻な下位5カ国は以下の通り。
163位 アンゴラ/南スーダン(15)
165位 スーダン(12)
166位 アフガニスタン(11)
167位 北朝鮮/ソマリア(8)
(「腐敗認識指数2015」より)



外部リンク

トランスペアレンシー・インターナショナル「腐敗認識指数2015」
http://www.transparency.org/cpi2015

トランスペアレンシー・インターナショナル プレスリリース
http://www.transparency.org/pressrelease/


Amazon.co.jp : 腐敗認識指数 に関連する商品
  • 【ドイツ】シュタインマイヤー氏が新大統領に(2月15日)
  • さいたま市の魅力をPR動画で発信!(10月31日)
  • 85%の個人投資家がクリントン氏の大統領就任を期待-マネックス証券調べ(10月26日)
  • オバマ大統領「泣き言をいうな」とトランプ氏に勧告(10月22日)
  • なりすましメール防止の「安心マーク」を地方自治体に導入(10月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    「選挙」と「議会」の情報公開診断シリーズ
    記事検索
    独自調査記事






    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    track feed ネット選挙ドットコム