ネット選挙ドットコム
 ネット選挙ドットコム

日本フードサービス協会、5月度の外食市場を発表<日本フードサービス協会>

業界動向
国政
地方自治体
ネットサービス
海外
その他
お勧め
ネット選挙の新着30件






























日本フードサービス協会、5月度の外食市場を発表<日本フードサービス協会>

このエントリーをはてなブックマークに追加
全体概況
日本フードサービス協会は2011年6月27日に5月度の外食市場を発表した。外食市場の5月度の売上の前年比は98%(2%減)、客数の前年比98.6%(1.4%減)、客単価の前年比は99.4%(0.6%減)であり、いずれも前年比を下回った。

しかし、下記の点を踏まえると、3月11日に発生した東日本大震災の影響で落ち込んだ日本経済が持ち直しつつあることが明らかといえる。
1.日銀が国内景気判断を3ヶ月ぶりに上方修正し、政府も6月の月例経済報告を上方修正した
2.外食産業の4月度の対前年比が97.2%(2.8%減)であったが、それよりも回復している
3.土曜日が1日少なかった
4.天候不順だった

日本フードサービス協会
業界別概況
ファストフード業態の売上の前年比は99.5%(0.5%減)、客数99.9%(0.1%減)、客単価99.6%(0.4%減)であった。これは麺類、和風、その他業態がそれぞれ前年を上回る一方で、洋風、持ち帰り米飯/回転ずしの業態が前年を下回った結果である。

ファミリーレストラン業態の売上の前年比は96.6%(3.4%減)、客数96.6%(3.4%減)、客単価100%であった。特に落ち込みが激しかったのは、食中毒事件で死者が出た焼き肉の業態で、売上の前年比は88.8%(11.2%減)、客数87.9%(12.1%減)となっている。

パブ・居酒屋業態の売上の前年比は95.1%(4.9%減)、客数94.4%(5.6%減)、客単価100.8%(0.8%増)であった。東日本大震災後の自粛モードで一番影響を受けている業態といえる。

その他についてみてみると、ディナー・レストラン業態の売上の前年比は98.5%(1.5%減)、客数97.4%(2.6%減)、客単価101.1%(1.1%増)となっている。そして喫茶業界の売上の前年比は98.0%(2.0%減)、客数97.3%(2.7%減)、客単価100.7%(0.7%増)となっている。

外部リンク

データからみる外食産業 [2011年5月]概況
http://www.jfnet.or.jp/data/m/data_c_m2011_05_3.html
対前年同月比
http://www.jfnet.or.jp/data/m/data_c_m2011_05_2.html
Amazon.co.jp : 日本フードサービス協会 に関連する商品
  • 在外投票でインターネット投票が可能に 総務省(8月11日)
  • 【ブラジル】労働者党、ルラ元大統領を大統領候補に指名(8月7日)
  • 国内初のネット選挙を実施!つくば市(8月4日)
  • 政治議論も安心!トークン機能をつけた「ポリポリ」ベータ版を公開(7月28日)
  • 【ポーランド】性犯罪者の情報をネットで公開(1月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    「選挙」と「議会」の情報公開診断シリーズ
    記事検索
    独自調査記事






    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ